副業としてスマホアプリ開発は儲かるのか?メリットと習得方法を紹介します

副業
スマホアプリを個人で開発して儲けることってできるのかな?
他の副業との違ったメリットはあるのかな?
アプリ開発スキルはどうやったら習得できるんだろうか?

 

今回はこんな疑問にお答えします!

この記事の内容

  • アプリ開発は簡単に誰でも始められる副業
  • アプリ開発はお金儲け以外にもキャリアアップに使える
  • アプリ開発を習得するおすすめのウェブサービスを紹介します

私は仕事でスマホアプリの開発を行うこともありますし、個人でもアプリ開発を行っています。

サラリーマンが始められる副業の代表格として、株式投資、不動産投資、ブログ運営などは頻繁に語られていますが、「副業としてのスマホアプリ開発」はあまり頻繁には語られていません。

「アプリ開発」と聞くと専門的なスキルがある特別な人にだけできる副業なイメージがあるかもしれません。

しかし、アプリ開発のハードルは現在非常に下がっており、パソコンひとつあれば誰にでも始められる、実は始めるハードルが低い副業なんです!

ということで、今回は副業としてのアプリ開発についてご紹介します。

 

スマホアプリ開発は誰でも簡単に始められる副業!

アプリ開発のハードルはかなり低い

スマホアプリの開発はパソコンひとつで始められます。

アプリ開発にはプログラミングスキルが必要ですが、iOSもAndroidもAppleやGoogleがプログラミングをサポートするツールをたくさん提供したくれているおかげで、プログラミングはかなり始めやすい環境となっています。

また、開発者している人の数も多いので、分からないことがあってもネットで検索すれば、沢山の情報が出てきて大概のことは解決してしまいます。

こういった点で、アプリ開発は他のプログラミング開発に比べると始めるハードルはかなり低いものになっています。

 

アプリでお金を稼ぐ仕組みが構築されている

iOSとAndroidのスマホアプリプラットフォームである「AppStore」も「GooglePlay」も、個人が開発したアプリを公開し、そこから収益を得る仕組みを強力にサポートしています。

具体的な収益化の方法としては、

 

  • 有料アプリ販売
  • 広告付きアプリ公開
  • 月額有料アプリ公開

 

をサポートしており、いずれも個人が副業として実現することは十分に可能です。

さて、個人でアプリ開発をしてお金を稼ぐ仕組み作りが可能なことは説明しました。でも、実際問題本当に個人で開発したアプリで儲けることはできるのでしょうか?

 

スマホアプリ開発は儲からないの声は多い

2年間で11アプリだして6,948ダウンロードされて、稼げた金額は累計で12,962円です。

時給で計算したら4円くらいでした。酷い話ですよね、アプリなんて儲からないんですよ。

アプリマーケティング研究所より引用

この方は全くアプリを開発して公開したもののお金に繋がらなかったようです。

他にも調べてみると「個人のアプリ開発は儲からない!」という声は結構ありました。

その要因として、

 

  • 企業の作るアプリに品質・デザインの面で対抗できない
  • 公開しても他のアプリに埋もれてしまい認知されない
  • ダウンロードされてもすぐに使われなくなる

 

といったことが挙げられています。

確かにスマホアプリは星の数ほど存在しますから、その中からずっと目に留まり、ダウンロードされるのはハードルが高そうです。

特に個人で作る場合には宣伝広告にお金をかけるまではなかなか難しいですし、中途半端に広告をかけても元を取るのは難しいです。

また、いざダウンロードされたとしても、ゲームアプリだと「飽き」というのが大きな障害になります。人間同じゲームでずっと満足することはなくて、常にアップデートしてゲーム内容を充実させる必要があります。

そうなるともはや副業のレベルではなくて、時間をガッツリかけて行う本業に近い感じですよね。

今回の目的である「副業としてのアプリ開発」とはずれてしまいます。

 

スマホアプリで儲けた人もいる!その特徴とは?

結果的に、当時の給料よりはるかに稼げてしまって、月数十万円くらいの収入になりました。それで「独立してアプリをつくろう」と会社を辞めてしまったわけです。

アプリマーケティング研究所より引用

一方でアプリで儲けて十分に収入を得ている人もいます。

上の記事の人のようにサラリーマン以上の収入を得ている人もいます。

しかし、これはかなりのレアケースでしょう。

個人株取引のように数十億円稼ぐ凄腕も日本中探せば数人はいるでしょうから、それと同じようなもんです。

ただ、月数万円程度の収入であれば達成している人は相当数いそうです。

実際、私の職場にいる同僚もiPhoneアプリを個人で開発し、月5万円を安定的に稼いでいます。

ですから、個人で稼ぐには月数万円が狙える目安と言えそうで、月数万円稼げる副業であれば結構魅力的ですよね。

 

以上の結果と私の周りの人の話を考えると、

 

  • アプリ開発は誰でも儲かる副業ではない
  • ゲーム系アプリは当たると大きく儲かるがダメなものは全くダメ
  • ツール系アプリは小さく安定的に儲かる傾向で、開発も容易
  • ブログ運営と違い長く開発を積めば収入が増えるとは限らない

 

ブログ運営は基本的には諦めずに続けていれば、どんな人でもある程度の収入を手に入れることは難しくありません。

しかし、アプリ開発は長くやっていれば儲かるものでもなくて、アイデア力といった要素で儲けられるようになる可能性が高いです。

ですから、続けていれば報われるものではない、ある意味一攫千金的な要素が強い副業と言えますね。

では、次にアプリ開発のメリットを説明します!

 

副業としてのアプリ開発のメリット

副業というと、不動産投資や株式投資などの金融商品への投資の他にも、ブログ執筆やヤフオク転売など様々な種類があります。

その中でのアプリ開発のメリットは次のようなものでしょう。

 

個人アプリ開発のメリット
  • 初期コストが少ない
  • 運用コストが少ない
  • 一度スキルが身に付けば様々なアプリを量産できる
  • 個人でもアプリをビジネスとして展開し易くなった
  • 本業でのキャリアアップに繋がる

 

初期コストが少ない

アプリ開発は、スマホとパソコンがあれば誰でもできます。

あと必要なのはみんなに使ってもらえるアプリのアイデアです。

既にスマホもパソコンも持っている人であれば、この記事を読んですぐに始めることが可能です。

ブログ運営が副業として勧められる理由として初期コストの少なさが挙げられますが、アプリ開発も同じことが言えますね。

 

運用コストが少ない

さらにアプリは運用コストが少ないのもメリットです。

例えば、サーバーを使わない電卓アプリのようなアプリであれば、一度ダウンロードしてもらえればサーバー費用も全くかからずに収益を得ることが可能です。

ただし、サーバー費用にお金はかからなくても、スマホのバージョンアップに伴ってアプリも対応が必要になることはあります。ですから手間が全くかからないという意味ではありませんので注意しましょう。

ブログで記事を全く書かなくなると廃れてしまうのと同じように、アプリもメンテナンスしないとユーザーはあっという間に離れてしまいます。

アプリ開発は競争が激しいため、全くの不労所得というのは難しいです。

 

一度スキルが身に付けば様々なアプリを量産できる

アプリ開発はスキルを一度身に付けてしまえば、アイデア力で様々な種類のアプリを作ることが可能ですから、数多くのアプリを量産することも可能です。

ブログであれば、個人で10個のブログを同時に管理するのは現実的ではありませんが、アプリであれば十分可能でしょう。

ですから、アプリをいくつか公開して人気が出そうなアプリを見極める、ある意味数打ちゃ当たるの戦略ができるのもアプリ開発のメリットです。

チョーコク
ただ、個人的な経験から言うと、あまりに適当なゴミアプリを大量に公開してもほとんど使われずに無意味なので芽が出そうなアプリを見つけて丁寧に育てていくのがいいでしょう。

 

個人でもアプリをビジネスとして展開し易くなった

儲かるビジネスの王道は、一度集めたお客さんから何度もお金をもらえる仕組みを作ることです。

月額制サービスはその典型ですよね。

日本で高いシェアを持つiPhone向けの月額課金アプリを開発することは、少し前まで非常に困難でした。

Appleの審査基準が厳しかったからです。

しかし、つい最近からこの基準が大幅に緩和され、月額課金アプリを個人で開発することもはるかに簡単になりました。

ですから、以前までは一度売ればそれで終わりだった収益がより安定的・長期的に儲かる仕組みを個人でも作りやすくなったという背景があるわけです。

もちろん、月額課金をするということはそれだけユーザーへの提供価値を高める必要がありますが、それでも安定的な収益チャンスは魅力てきですよね!

チョーコク
まだまだ月額課金アプリは少ないので、うまく良いアプリが作れれば、安定的に高収入も夢ではないとマジで思ってます。

 

本業でのキャリアアップに繋がる

個人でのアプリ開発は、本業でアプリ開発を行なっている人なら自分のスキルアップになりますから、本業でより高いパフォーマンスを発揮して待遇が良くなる可能性があります。

また、現職での待遇改善だけでなく、転職時に個人でアプリ開発をしていると間違いなく有利になると思います。

私は仕事でエンジニアの採用面接をよく行いますが、どんなに綺麗な履歴書よりも実際に開発し、公開したアプリを見せてくれた方が説得力が格段に上がって魅力的な人材に写ります。

履歴書なんてなんとでも脚色や粉飾ができますからね。

動くアプリを見れば、そのエンジニアがどの程度のスキルを持っているのかが分かるのはもちろん、勉強熱心な姿勢は好印象に写ります。

さらにアプリの事業化までした経験があれば、エンジニアとしてだけでなく、事業のディレクターとしてのスキルも評価されるでしょう。

このようにアプリの個人開発は副業としての収益だけでない大きなメリットがあります。

この点は、ブログ運営といった副業とはかなり違いますね。ブロガーとして成功していても、それを直接本業に繋げたり、転職に繋げるのは難しいでしょうから。

 

おすすめのアプリ開発習得方法

アプリ開発のメリットが分かったところで、おすすめの習得方法をご紹介します!

アプリ開発はハードルがとっても低いので、プログラミングの経験が全く無い人でも問題なく始められますよ。

 

『ドットインストール』を使う

ドットインストールとは

『ドットインストール』は動画を使ったプログラミング習得が可能なウェブサイトです。

スマホアプリの代表である、iOSアプリとAndroidアプリの開発も動画で習得することが可能です。

 

【メリット】

  • 無料で始められる
  • 動画なので分かりやすい

 

【デメリット】

  • 全くのプログラミング初心者には難しく感じる
  • 無料で使える講座が限られている
  • 得られる知識が浅い

 

ドットインストールは気軽に無料から始められる反面、動画が短く話し方も早口ですからプログラミング初心者には理解が難しいかったり、無料で使える講座が少なかったり、得られる知識の幅が狭いといった欠点があります。

 

ドットインストールがおすすめの人
  • プログラミング経験がある人
  • 無料で始められる講座が使いたい人
  • アプリ開発がどのようなものなのか雰囲気が掴みたい人

 

ドットインストールはプログラミング経験者がアプリ開発を始める第一歩として最適です!

 

『TechAcademy』を使う

『TechAcademy』 はドットインストールよりもガッツリと教えてくれるプログラミングのオンライン講座です。

「最短で4週間で未経験からプロを育てるオンラインスクール」と銘打っているだけあって、かなりじっくり、しっかりとアプリ開発のスキル習得をサポートしてくれます。

プロのパーソナルメンターが個別に付くので、挫折せずにプログラミングの習得が可能です。

 

【メリット】

  • プロの講師がきちんと指導してくれる
  • パーソナルメンターが付いて個別にサポートしてくれるので挫折しにくい
  • チャットですぐに質問ができる
  • 自宅に居ながらプロとしても通用するスキルが身に付く

 

【デメリット】

  • 利用料が比較的高め(数万円程度)

 

TechAcademyはサポートがしっかりしているため、利用料がドットインストールよりは高いです。

しかし、対面式のオンライン講座に比べると圧倒的に安いので、本気でアプリ開発を身に付けたいのであればおすすめです。

 

TechAcademyがおすすめの人
  • プログラミング未経験の人
  • 将来的に本業でアプリ開発がしたい人
  • 本気でアプリ開発を習得したい人
  • 過去にプログラミング習得で挫折したことがある人

 

 

『Udemy』を使う

『Udemy』 「学びたい人と教えたい人をつなぐCtoCの学習マーケットプレイス」というサービスです。

プロの講師が教えてくれるTechAcademyと違い、プロの講師ではなく、プログラミングのプロとして働いている人が動画配信して教えてくれるサービスです。

ドットインストールに比べると費用は高めですが、講座のボリュームはかなり充実しています。

例えば下記のiOSアプリ開発の講座は40時間分の動画講座を含んでいて、6,000円となっています。

これだけ充実していてこの価格はUdemy以外ではなかなかないでしょう。

▶[swift 3.0対応] iOS10アプリ開発完全マスター人気講座

 

ただ、プロ講師が教えてくれるわけではないので、混合玉石ではあるでしょうから、講座の口コミやレビューを見ながら使える講座なのかどうかを見極める必要があります。

 

Udemyがおすすめの人
  • プログラミング未経験の人
  • 将来的に本業でアプリ開発がしたい人
  • 安い費用で習得したい人
  • 挫折せずに続けられる自信がある人

 

 

最後に

今回は「副業としてのアプリ開発」について書いてみました。

儲かるか儲からないかはセンスや運によるところはかなりあるのが正直なところ。

でも上手く当たればブログといった副業以上に安定的な収入をもたらしてくれますし、何よりも一度身についたスキルはなくなりませんし裏切りません!

これを機にプログラミング経験がある人もない人も、アプリ開発にトライしてみてキャリアの幅を広げてみてはいかがでしょうか?

チョーコク
なによりアプリ開発は楽しいです!!休日の趣味としてもおすすめだったりします。

おすすめ記事はこちら!

『マイトレード』という無料株取引記録・管理アプリが超便利!口コミ・安全性・セキュリティを解説!

2018.02.28

過去の企業分析記事のまとめはこちら!

【随時更新】私の企業分析記事・総まとめ

2018.05.13

ツイッターでも呟いています。フォローしてみてください!