おすすめ通勤時間の使い方4選!有効活用して周りに差をつける

私生活
 
チョーコク
みなさん通勤時間はどのように過ごしていますか?

 

忙しい社会人にとっては会社と自宅を往復する時間も貴重な自由時間です。

毎日発生する時間だからこそ、この時間をどのようにして過ごすか、というのは社会人にとって非常に重要な課題といえます。

通勤時間は年間400時間にも達する?

「通勤に関する実態調査」 によると関東都心に住むサラリーマンの平均片道通勤時間はおよそ一時間だそうです。

私の通勤時間も片道およそ一時間かかっているので、往復二時間とすると年間400時間超を通勤時間に割いていることになります。

最近はリモートワークによると在宅での働き方をする人も増えているでしょうがまだまだ少数派でしょうし、実際にこのくらいの時間を通勤時間に使っている方は都心だと多いと思います。

つまり、都心の多くのサラリーマンが年間で丸17日分の時間を通勤に使っているわけですよ。

この時間を無駄にするのはもったいなくないですか?

 

通勤時間を活用すれば、3年で特定分野の一流にもなり得る!

「1000時間の法則」というのをご存知でしょうか?

何かのスキルを習得したり、周囲から認められる程度になるには1000時間は費やして勉強する必要があるという法則です。

例えば、英語の習得やプログラミングの習得と言ったスキルの習得や、ブログ執筆によってある程度の収益を得る、といった目標を達成するには、1000時間以上の時間を最低限費やす必要があります。

それに照らし合わせると、通勤時間の二時間を特定の分野の習得に費やしてやれば、3年もすれば1000時間を優に超えることになります。

そう考えると通勤時間を上手く活用すれば、本業以外の分野でも、周りから認められるレベルに達することも不可能ではなさそうですよね?

電車で周りを見渡してみてください。熱心にスマホゲームをしている人が如何に多いことか。

通勤時間をコツコツと勉強やスキル向上に充てているだけでも大きく彼らに差をつけることができるんです!

チョーコク
通勤時間は満員電車に揺られる苦痛な時間ではなく、貴重なお宝時間と言えるんです!

 

おすすめ通勤時間の活用法

ではどういった使い方をすればいいのか?

電車やバスでの通勤を想定した活用法を一気にご紹介します。

  • 新聞を読む
  • ラジオを聴く
  • ビジネス書を読む
  • 雑誌を読む

 

新聞を読む

定番の通勤時間の過ごし方でしょう。

昔は紙の新聞を電車で読んでいる人も多かった気がしますが、最近はかなり少ないですよね。

私も日経電子版をよく利用しています。紙で新聞を読むことは無いですね。購読もしていません。

新聞を読む際にはただ漫然と読むだけでなく、記事に対する自分の考えを頭の中にまとめたり、それをTwitterなどで発信するようにすると理解が深まるのでおすすめです!

特にTwitter発信すると「いいね!」やリツイートされたりすることもありますから、モチベーションにもつながりますよ。

 

ビジネス書を読む

ビジネス書を読むのも代表的な通勤時間の使い方ですね。

紙の本だとかさばって、満員電車や立ちながら片手で読むには不便でしたが、Kindleといった電子書籍を使えば通勤電車で立ちながらの読書も簡単です。

【2018年版】紙派だった私がKindle Paperwhiteをオススメする5つの理由

2018.02.09

 

ただ、ビジネス書を読むのも良いのですが、読むだけで満足してしまって終わってしまうことが多いので注意です。

読み終わった内容を忘れないうちにレビューとして文字にまとめたり、自己啓発本だったらそれをすぐに実践することをおすすめします。

 

雑誌を読む

雑誌を読むのも案外おすすめです。

雑誌読み放題サービスを使うことで、月額数百円で好きな雑誌をつまみ食いしながら読むことも可能ですから、いろいろなジャンルに対して常にアンテナタテておくことが出来ておすすめです。

楽天が運営する「楽天マガジン」を使えば雑誌の種類も多く、価格もリーズナブルですからおすすめですよ。

【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題

 

ラジオなどの音声コンテンツを聴く

車通勤やぎゅうぎゅうの満員電車でスマホの画面を見ることすら困難な方には、ラジオなどの音声コンテンツを聴くことをおすすめします。

スマホで使える音声コンテンツとしては次のような選択肢があります。

  • 「Radiko」でFMラジオを聴く
  • 「Podcast」でラジオ講座を聴く
  • 「Voicy」でインフルエンサーのラジオを聴く

スキル習得という意味では「Podcast」一択かと思います。

かなり前からあるサービスですが、コンテンツが充実しており、いつでも好きなものを聴くことができます。

英語のコンテンツが多いので、語学学習には最適です。

「Voicy」は最近出てきたラジオアプリで、どちらかというとインフルエンサーが発信している声のブログのようなイメージがしっくり来ます。

「Voicy」は声のプロではない方が発信しているものが多いので、喋りは素人っぽさがありますが、面白いコンテンツも多いで、聴いてみて好きなものがあるか試してみると良いかと思います。

 

特にVoicyでおすすめする人は、

  • サウザーさん
  • イケハヤさん

です!

 

 

私の通勤時間の使い方

ここで、私の電車通勤の間にしていることをご紹介します。

通勤時間でやっていること
  • 「株探」のニュースチェック&気になった企業の業績チェック
  • ブログネタのメモ&記事作成
  • 自作サービス・アプリのプログラミング設計

 

「株探」のニュースチェック&気になった企業の業績チェック

日本株の情報収集では「株探」が一番おすすめです。

トップページに行けば市場全体の注目ニュースを俯瞰して読むことができますから、いま注目されている銘柄をチェックすることも容易に可能です。

また、ニュースの中から気になった株式銘柄については、企業ページに行くことで過去の業績も見やすくまとまっているので、自分にとって投資対象になり得るかどうかをすぐに判断できます。

限られた通勤時間で効率よく株のスクリーニングをすることが可能ですからおすすめですよ。

通勤時間は基本的にスマホ作業ですから、ウェブページを複数使いこなすのは困難です。

株情報と企業情報がバランスよくまとまっているのは株探が一番ではないかと思っています。

「株探」は株式投資に特化したサイトですが、他にも、王道の「日経電子版」や経済ニュース特化アプリ「NewsPicks」も社会人にはおすすめです。

 

ブログネタのメモ&記事作成

ブログ記事作成で一番大変なのはネタ探しだと感じています。

逆に言えば、書きたい内容さえ決まってしまえば記事作成自体は楽しいですし、大変ではありません。

今までの経験からいうと、案外電車に乗っている間にブログのネタを思いつくことが多いんですよね。

スマホで色々ウェブページ見たり、電車の広告を眺めていたりしても、ふと頭にネタが思い浮かんでくるんです。不思議なもので。

たぶん色々なインプットが頭に入ってくることで自分の考えが頭に湧き上がってくるからなんでしょう。

ただ、こうやって浮かんでくるネタっていうのは忘れるのも早いので、頭に浮かんだらキーワードと要点だけでもスマホで書き出すようにしています。

調子が良ければそのまま記事作成して公開までしてしまうこともあります。

例えば、この記事とかはほぼ完全に通勤時間だけを利用して書いた記事です。

マクドナルドから新しく発売されたソフトクリームは美味くて安くて惚れた!

2018.05.07

 

通勤時間にブログ記事を書く理由はもう一つあります。

私は基本的に怠け者気質ですから、仕事が終わって家に着いてしまうと、パソコンを開いてブログ記事作成をするのがめんどくさくなってしまうんですよね。

そういう意味でも、電車内の通勤時間にブログ記事を作るのはとってもおすすめです。電車内でしたら他にやれることが限られますからサボりにくいです。

ちなみにブログがWordPressで、iPhoneをお使いの方でしたら、「Press Sync Pro」が色々なアプリを試した中で一番使いやすくておすすめです!

これを使うまではスマホでブログ記事作成なんて、操作がしにくいし、デザインを整えるのが難し過ぎてやる気が起きませんでしたが、このアプリを使うようになってから、通勤時間でも簡単にスマホを使ってブログ記事作成できるようになりました。

有料アプリですが、スマホでWordPressのブログ記事を作りたい方には絶対に試してみてもらいたいアプリです。

PressSync Pro for WordPress
PressSync Pro for WordPress

 

自作サービス・アプリのプログラミング設計

私は一応ソフトウェアエンジニアで、個人でも副業的にWebサービスやスマホアプリの作成を行なっています。

プログラミングをやったことのある人はわかると思いますが、流石に通勤時間のスマホだけでプログラミングをするのは不可能です。

もしそれを強要されたら発狂するでしょうね。

ですが、簡単なサービス設計くらいならスマホだけでも十分に可能です。

自分が頭の中で考えているサービスの機能を実際にどういうソフトウェアの構成で実現するか、というのを事前にネットで調べて、ブックマークしたり、メモしたりしておけば、いざパソコンでプログラミングを作成するときに大幅に時間を節約して効率的に作業をすることができます。

プログラミングはコードを書くよりも設計するのに時間がかかることが多いですし、重要です。

それを通勤時間に片付けてしまうのは私にとって非常に有意義時間の使い方です。

プログラミングに限らなくても、ご自身でやっている、あるいはやりたいと思っている副業ビジネスの構想を練ったりするのに過ごすのもいいでしょう。

副業としてのアプリ開発についてはこちらをどうぞ!

副業としてスマホアプリ開発は儲かるのか?メリットと習得方法を紹介します

2018.05.29

 

最後に

自宅と職場が離れていて通勤時間が長くても、逆にそれを自分の自由時間として前向きに捉えて活用すれば、なにかの分野でスペシャリストになることも不可能では無いと思います。

スマホでどこにいても情報の吸収や発信ができる良い時代です。

あなたも通勤電車の時間を利用して、周りのサラリーマンの一歩も二歩も先に行ってみては?

 

チョーコク
将来的には通勤時間でのスキルアップがセミリタイアに繋がることも夢ではないかも?
 

おすすめ記事はこちら!

『マイトレード』という無料株取引記録・管理アプリが超便利!口コミ・安全性・セキュリティを解説!

2018.02.28

過去の企業分析記事のまとめはこちら!

【随時更新】私の企業分析記事・総まとめ

2018.05.13

ツイッターでも呟いています。フォローしてみてください!