FPG(7148)株が上げ基調なのはなぜ?

いままで長くても2週間に一度は記事を書いていましたが、まさかの1ヶ月空けてしまいました。

最近は仕事が忙しくて株分析とかできてなかったんですよー(言い訳)。

保有する銘柄の株価や監視銘柄の株価は毎日チェックはしていましたが、中々企業分析とかはパワーと集中力があるときでないとできないですね。毎日続けられている方は本当に尊敬します。

スポンサーリンク

FPG(7148)が連日上昇

さて、7月に入ってからFPG(7148)株が上昇しております。

FPGは今年の4月に分析記事を公開し、その直後に購入していました。

その後、追加購入をしつつ、今もホールドしている銘柄です。

ビジネスモデルや過去の業績については、過去記事を御覧ください。

FPG[7148]のビジネスモデルと業績を解説。現在株価は買いか?
久しぶりの銘柄分析です。 今回は、FPG(7148)の分析をしたいと思います。 この企業は金融系で成長著しいですね。 グロース株投資を...

ちなみに4月時点で私が購入した動機は大きく以下の4つです。

  • 安定的に二桁の増収増益を過去続けている。
  • PERが10倍程度であり成長性に対して割安判断。
  • 強力な競合が不在。
  • 市場開拓余地が大きく、成長は暫く継続する可能性高い。

上昇の原因は航空機リース事業に関するプレス発表?

6月までは株価はぱっとしていなかったのですが、7月に入ってから急激に上げ始めました。

その理由について色々調べてみたのですが、ありえそうな材料としては以下の航空機のリース事業案件のプレスくらいです。

2017/06/15 - FPG(7148) の関連ニュース。「航空機リース事業案件の組成に関するお知らせ」適時開示はPDFで閲覧できます。

この航空機リース事業案件による影響については見積もりにくいところではありますが、

本件による、平成 29 年9月期の業績予想の変更はありません。なお当該航空機 11 機を組成し、 信託受益権及び匿名組合出資金をすべて投資家に譲渡した場合に計上する売上高の合計額は、前 連結会計年度における当社連結売上高の 10%超となる見込みです。

「航空機リース事業案件の組成に関するお知らせ」より引用

このようにある通り規模としては小さいものではないようです。

FPGは4月に中間決算に対する業績の上方修正を行っており、市場のオペレーティング・リース事業(税の繰り延べ効果)に対するニーズは変わらず旺盛であることが今回のプレス発表でも裏付けられた格好となり、株価が反応していると思われます。

私個人としては、特に株の購入動機がひっくり返されるような材料でもないですし、このまま継続ホールドします。

今月末には中間決算が発表されますので、その内容を楽しみに待っていこうと思います。

テクニカル側面でも上昇後押しか

一方、テクニカル側面で見ると、ちょうど日足で三角保ち合いを上抜けした形になっています。

三角保ち合いの上抜けは上昇トレンドの始まりと言われていますし、最近は連日出来高が高めの日が続いており、それも相まって株価の上昇を後押ししているのでしょう。