ブロッチェーンでマイレージを管理する『KrisPay』によってマイレージシステムは何が変わるのか?

ビジネス展望

画像は「THE BRIDGE」より引用

シンガポール航空は、マイレージサービスである KrisFlyer の加入者が持つエアマイルをデジタル通貨に変換できるブロックチェーンベースのデジタルウォレット「KrisPay」をローンチした。 加入者は15KrisPay(0.07米ドル相当)から利用でき、同国にある18の提携店で支払いができるようになる。その中には、飲食店、ガソリンスタンド、美容小売店などが含まれる。

「THE BRIDGE」より引用

シンガポール航空は、マイレージサービスをブロッチェーンで管理できるようにする『KrisPay』をローンチしました。

 

『KrisPay』とは?

従来のマイレージサービスでは、顧客のマイレージを航空会社が管理するのが一般的でしたが、『KrisPay』はそのマイレージの管理や顧客の利用履歴と言った情報を全てブロッチェーン上で管理するデジタルウォレットを提供します。

これによるメリットは次の通り。

  • ブロッチェーンを利用しているため、顧客情報を一箇所で集中管理せず、改ざんが不可能な安全なシステムを提供できる
  • 『KrisPay』によってマイレージを仮想通貨として扱え、提携する店舗での購買にマイレージが利用できるようになる
  • 独自トークンを発行し、ICOを実施することで実質、マイレージを金融商品として扱うことができる
チョーコク
それぞれのメリットについて解説します!

 

マイレージサービスの顧客情報をブロッチェーンで扱うメリットはそれほどない

一つ目のメリット、ブロッチェーンが絡むサービスの常套文句ですね。

ブロッチェーンはデータベースを一箇所のサーバーに集中管理することはせず、分散的に管理するため、たとえサーバーが一つダメになってしまったとしても情報は安全に保護されます。

同様に、データベースに存在する情報を改ざんすることは不可能とされています。

もちろんデータベースの改ざんが何者かによって行われて、自分の持っていたマイレージがなくなってしまう、といったことはユーザーからすると避けたいことです。

でも、現状の航空会社が運営しているマイレージサービスでそのような事が起きたという話は聞いた事がありませんし、ユーザーにとってそれほど大きなメリットには感じません。

ブロッチェーンのデータ改ざん不可能という特徴は、主に運営者が信頼できない場合に有効に働くものであって、マイレージサービスのような航空会社が運営している場合は比較的信用度も高いですし、メリットを感じるユーザーは少ないでしょうね。

チョーコク
ブロックチェーンが絡むサービスの多くが、「それって従来の中央集権的なサービス構成でも良くない?」と言えるものばかりなんですよね。

 

ですから、このメリットは言われていますが、それほど特筆することはありません。

 

マイレージを提携する店舗で利用できるようになる

『KrisPay』によって、ユーザーは自分の持っているマイレージをデジタルウォレットと呼ばれる仮想の財布に仮想通貨として入れることで、『KrisPay』に提携している実店舗での買い物にマイレージを利用することができるようになります。

現在でも多くのマイレージサービスは航空券の購入以外にも様々な用途はあります。そういう意味では「提携する店舗での買い物」というのはそれほど新しさがないように見えます。

しかし、私は提携する店舗側の提携導入のハードルを考えると『KrisPay』に強みがあると思います。

なぜなら、『KrisPay』はブロッチェーンを使った仮想通貨を提供しますので、通貨としての価値が保証されます。ですから、店舗側からすると受け取ったお金が無価値になる可能性が低く、リスクが低いと考えられるからです。

 

最大の特徴はICOによってマイレージを金融商品化できること

『KrisPay』の最も興味深い点は ICOができる点です。

ICOをすることで、『KrisPay』が発行するトークンを仮想通貨市場に上場させて、株と同じように市場参加者に値をつけてもらう事が可能となります。

こうすることで、『KrisPay』が今後成長すると考える人が多くなれば、トークンの価値も上がり、マイレージの資産価値も同時に上がることになります。

つまり、マイレージは株や債券と同じような金融商品と同じ特徴を持つと言えます!

これによって、飛行機に乗ってマイレージを貯めることは、コツコツ積み立て投資することに等しいということです!

チョーコク
これまではマイレージを貯めるのは多くの人にとってちょっとしたお小遣い稼ぎや自己満足を得る手段でしたが、これからは投資信託に積立投資をすることと等しい行為と言えるかもしれません!

 

まとめ

  • 『KrisPay』はマイレージをブロッチェーン上で管理するデジタルウォレット
  • 『KrisPay』によってマイレージを実店舗で利用する機会を増やす事ができる
  • ICOすることでマイレージは金融商品へと化けると言える

おすすめ記事はこちら!

『マイトレード』という無料株取引記録・管理アプリが超便利!口コミ・安全性・セキュリティを解説!

2018.02.28

過去の企業分析記事のまとめはこちら!

【随時更新】私の企業分析記事・総まとめ

2018.05.13

ツイッターでも呟いています。フォローしてみてください!