株の暴落時に備えて行っておくべきこと

株価が堅調なときには忘れがちだけれども、突然やってくるのが株価の暴落です。

最近では、2016年のチャイナショックやトランプショックあたりでしょうか。

その他、リーマンショックや東日本大震災時の暴落などなど、ほぼ毎年おこる小さめの暴落もあれば、100年に1度と評されたリーマンショックレベルの大暴落が過去に起きてきました。

市場に参加している限りは避けては通れない暴落との遭遇。

事前に暴落を予測できていればいいのですが、まー難しいですよね。

というか少なくとも私はできません(ドン!)。

リーマンショック時には私はまだ株式投資をやっていませんでしたが、チャイナショックの予測はできません。

少し前のドバイショックともちろん予測できていません!(どや。)

暴落の予測ができていれば、空売りやベア型ETF購入とかして大儲けしてますよ。はい。

それどころか、実際に暴落が起きると精神的にも焦ったりして正常な思考を行うことができず、「Yahoo!株掲示板で安心材料を探す。」、「ツイッターでみんなも損をしているのを見てなんかほっとする。」などの意味不明な行動をしがちです。

はい、私もやったことがあります。

なので、そんな凡人な私は予測回避はあきらめて暴落に遭遇してしまった際に備えて普段から何を行っておくべきかを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

暴落に備えて行うべきこと

歴史に学ぶ

過去の暴落から学ぶことはたくさんあります。

  • 暴落幅はどの程度まで想定すべきか?
  • 暴落からの回復にどの程度かかるか?

これらは最悪の自体が起きた際にどの程度までなら買い持ち、あるいは買い増ししても耐えられるか(資金的に・精神的に)を想定するには必須です。

特に、FXでレバレッジをかけたり、株の信用取引をして自己資金以上の資金を扱っている場合には、どの程度まで下がると強制決済&退場に追い込まれるかを事前に把握すべきです。

私は株の信用取引は行っていませんが、以前FXをやっていたときにはレバレッジをかけてナンピン買いする戦略をしていたので、リーマンショック時の下落幅を意識したポジション管理をしていました。(ナンピン買い戦略では特に重要)

100年に1度と言われるリーマンショック規模の下落を想定すべきかどうかは、各人のリスク許容度次第でしょう。

他にも、

  • 回復しない暴落はあるのか?

も気にしたいところ。

米国株はダウが過去最高を更新していますが、日経平均はバブル期の高値をいまだに超えられていません。

つまり、今の株価が割高であるかどうかは常に意識する必要があります。

私は普段から、「PERと成長率のバランス」を非常に重要視しています。

決して低PER株ばかりを買えと言っているわけではなく、その企業の成長率とのバランスから見て、適正なPERかどうかを判断しています。

私はどんなに成長性がある銘柄でもPERが100倍を超えるような銘柄には手を出しません。

なぜなら、そのような銘柄は市場の期待に投機が混ざり合い積み上げられた株価であることが多く、一度リスクオフの雰囲気が出てくるとPERは見直され、株価は暴落、そして元の株価には二度と戻ってこない、という最悪の事態が考えられるからです。

PERは好調な市場環境時よりも、不安が取り巻く市場環境時を想定して気にしておくべきです。

過去に起きた大暴落は以下のサイトでまとめられていました。最悪のリスクシナリオとして参考になります。

日経平均株価が15年ぶりに2万円を超えました。この先必ずやってくる暴落と暴騰はどの程度の規模になるのでしょうか。そこで過去の日経平均の騰落率ランキングを当時の日足チャート付きでまとめました。日経平均株価・歴代値下がり率ランキング(1986年以降)第1位 1987/10/20

損切り設定をする

私の個別株ポートフォリオは先日の記事で公開した通りです。

こんにちは。 北朝鮮リスクが後退し、その反動もあってか保有銘柄の一部も急伸しております。   レントラックスは北朝鮮リスクが表面化する前から上がっていましたが、北朝鮮の話が出て急落。しかし現在徐々に値を戻してい...

100倍や200倍のPERの銘柄は買いませんが数十倍程度の銘柄は成長と見合っていれば積極的に買っています。

しかし、これらの銘柄は損切りラインを購入時に設定するようにして、損を限定させるようにしています。

購入時にビジネスモデルを十分に理解することで、市場の暴落が保有銘柄企業の業績に影響するのかどうかを見極め、損切りするのか、逆にナンピン買いするのか、まで考える余裕があればいいのですが、私は過去に何度か暴落を体験してきて、そこまで見極められるほどの器量はない、と思っています。

なぜなら暴落時に恐怖心や焦燥感が出てまともな判断が出来なくなるから。

過去に、損切り後に株価がリバウンドして悔しい思いをしたことも何度もありますが、これはしょうがないと割り切りましょう。

コツコツドカンで大損しないための保険料です。

優良銘柄をリストアップしておく

かの有名な投資家、ウォーレン・バフェットは

「市場が焼け野原になって、株が投げ売りされているときに買え」

「株が下落したと嘆いている人がいるが、むしろ株が安く買える、と喜ぶべきである」

などと言っています。

市場の暴落時には普段は高くて買えない優良銘柄が安売りされています。

それらを安値で買う大チャンスなわけです。

ですので、私は普段から株価は高めですぐには購入できないけども、業績は抜群に素晴らしい銘柄をリストアップし、市場の暴落時に買えないかどうか確認するようにしています。

直近だと、三菱UFJがマイナス金利政策導入で株価が大暴落していたところをうまく拾うことができました。

この際に注意すべき点としては、一気に大量資金を投入しないこと、です。

いくら優良銘柄でも、市場全体の下落圧力が大きいと引きずられてドンドン下がっていきますから注意しないと大損してしまうことがあります。

こういうときこそ、少額ずつのナンピン買いもありかなと思います。

今は割高でもいい企業があれば日頃から分析判断を怠らないようにしましょう。

まとめ

暴落は突然やってくるので、日頃から自分の保有する株それぞれの特徴と保有の目的を明確にし、有事にどう行動するべきかをシミュレートしておくべきです。

また、各銘柄の特徴をつかむためにも普段からビジネスモデルの把握や財務状況、PERなどは深く理解しておきたいところです。

ブログ村

↓クリックが更新の励みになります!お願いします(^^)
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする