思考停止型資産運用とリバランスのすすめ

私の運用資産は大きく二つに分かれています。

一つは個別株投資用の資産。もう一つは投資信託やETF積立投資用の資産です。

いわゆるコア・サテライト戦略というやつですね。

これにより2017年のように株価が大きく上がるような市場環境では、個別株投資に全力投資した場合よりもリターンは少なくなってしまいますが、株価が軟調だったり、個別株投資の戦略が上手く市場の流れと噛み合わず、思うように利益を出すことが出来なかったとしても、一定のリターンや損失に限定することが出来、リスクを抑えることが出来ます。

積立投資用資産については、投資関連本の中でも最も有名で人気のある本の一つである「ウォール街のランダムウォーカー」「株式投資の未来」に基本的に則り、株式を中心としたインデックスファンドをベースとしながら、一部、ひふみ投信のようなアクティブファンドを取り入れています。

これらのファンドを毎月決まった日にちに購入を繰り返しています。そこに売買判断は入らないため、まさに「思考停止型資産運用」と言えます。

スポンサーリンク

年に2回のリバランスを実施

そんな思考停止型資産運用枠ですが、年に2回のだけ投資ファンド間の評価額を調整するためのリバランスを行なっています。

これも、「ウォール街のランダムウォーカー」の教えの通りですね。

日本株を売り、米国ETFと国内REITを買い

今回のリバランスでは、以下の売買をしました。

  • 日本株インデックスファンドを一部売却
  • 米国生活必需品セクターETF(VDC)を追加購入
  • 国内REITインデックスファンドを追加購入

ご存知の通り、日本株は2017年は好調に株価を上げました。米国株も同様に好調でしたが、私が積立投資している、米国生活必需品セクターETFについては調子が良くなかったため追加購入することとなりました。

リバランスは「安いものを買い、高いものを売る」こと

投資に限らず商売の基本である、「安いものを買い、高いものを売る」が機械的にできるところがいいところです。

あまり高頻度にやり過ぎると逆にパフォーマンスを下げることになりますが、年に数回行うことで投資パフォーマンスを上げることが過去の研究で分かっています。

自分で決めた時期に皆さんも是非やってみては?