【図解入り】2017年8月の取引記録と保有株まとめ

取引記録

 

こんにちは、チョーコクです。

 

さて、先月8月の株式取引について反省も踏まえながらまとめていこうと思います。

 

 

現在の保有株まとめ

現在の保有株と8月に行った取引の概要は以下の通りです。評価額が多い順です。

(カッコ内は前月順位。)

 

1位( 1位 ) ゲンキー(2772) ★追加買い

2位( 4位 ) 日本ライフライン(7575) 取引無し

3位( 3位 ) マークラインズ(3901) 取引無し

4位(New) ベクトル(6058) ★新規買い

5位(New) シュッピン(3179) ★新規買い

6位( 2位 ) エスエムエス(2175) ★一部売却

7位( 5位 ) FPG(7148) ★一部売却

8位( 7位 ) アステラス製薬(4503) 取引無し

9位( 6位 ) 三菱UFJ(8306) 取引無し

 

かなり保有する銘柄の順位が変動しました。

 

先月は一時的に円高に振れたり、北朝鮮リスクやトランプ政権不安が報じられた関係からか、保有銘柄のうちのいくつかが軟調な動きとなりました。

 

それに伴い、エスエムエス(2175)とFPG(7148)の多くを利益確定売りしました。

 

一方、このリスク表出に伴って下落していて、買い時と判断した、シュッピン(3179)とベクトル(6058)を新規買いしました。

 

マークラインズ(3901)は円高伴ってか、軟調で、含み損状態となっていますが、ビジネスモデルの強みに影響は無いと考えてキープです。
以下、詳細を書いていきます。

 

ゲンキー(2772)は上値を追って追加買い

 

 

ゲンキーは7月下旬からなかなか動きが無かったのですが、8月中旬に大きな陽線で上抜けしたところで追加買いを入れました。

 

しかし、その後再び下げてきて、「失敗だったかなー?」と感じてました。

 

 

しかしその後、23日に発表された月次売上報告が好調だったことを受けて、一安心しそのまま持越し。

 

現在再び勢いを取り戻して上げ始めてくれています。

 

ゲンキーはこれまでに何度も追加買いをしてきたため、これで保有株の中でも断トツの評価額となっています。

 

PER的には20倍を超えて、割安感は少なくなって来ましたが、長い目で保有していくつもりです。

 

ベクトル(6058)を新規買い

先日、ビジネスモデル分析記事を公開した銘柄です。

 

超高成長企業ベクトル(6058)のビジネスモデルと業績を分析してみた

 

ここのところ下げ傾向にあり、利益の成長率に対してPERが少な目と判断して新規の買いタイミングを伺っていました。

 

ホントはもう少し下がってくれないかなと思ってたんですが、移動平均線を上抜けて、かつ、出来高が増え始めていたため、トレンド変換期待で買いを入れました。

 

 

今後どう動くのか楽しみです(^^)

 

不安な点としては、信用倍率が極めて高い状態のため、信用不安が膨らんで、信用買いが一気に撤退すると株価が下がる可能性が高いところ。

 

シュッピン(3179)を新規買い

シュッピンもずっと狙っていながらも、高値になって買えなかった銘柄です。

 

 

先月の市場全体の下げトレンドの中でシュッピンも株価を下げていました。

 

過去の成長性と専門性の高い商品を扱うビジネスの強さが、この下げ局面によって崩れるとは考えてられないと判断し、新規買いをしました。

 

新規買いの直後に更に下げて来ましたが、また上がり始めたところで追加をしました。

 

現在は、ほぼ買い値と同じ株価となっています。

 

エスエムエス(2175)とFPG(7148)の大半を売り

これまで準主力銘柄として保有していた、エスエムエスを大方売りました。

 

理由は、

  • 8月の下げ局面でエスエムエスも下げ始めていた。
  • PERが40倍を超えており、成長性に対して少し割高だった。

 

市場全体が上げの局面だったら、PERが高くても問題なく株価は上がるのですが、先月の下げ局面で信用収縮が起きたとしたら、PERが高い株から下げる可能性があり、それを回避するために大半を売ることにしました。

 

現在は株価は持ち直しており、結果的には、この売り判断は損してしまいましたが、それは結果論なので良しと考えてます。

 

同様にFPGも売りましたが、FPGに関しては割高だったわけでもなく、売りは早計だったかなと思います。

 

とはいえ、FPGは過去のPERが一桁になる局面があったり、最近結構あげていたので売りたくなってしまったっていうのはあります。

 

取引無し銘柄では、日本ライフラインが上昇、マークラインズは含み損状態

日本ライフラインは暫くあまり動きがなかったですが、最近上昇しています。

 

投資額でいうと余り多く無いのですが、含み益が膨らんで評価額は第2位となっています。

 

マークラインズは動きがあまりなく、含み損状態となっています。もう少し長い目で見ようとこちらも継続保有予定です。

 

昨日は北朝鮮が核実験やったために今日以降どうなるのか注目ですねー。

 


おすすめ記事はこちら!

『マイトレード』という無料株取引記録・管理アプリが超便利!口コミ・安全性・セキュリティを解説!

2018.02.28

過去の企業分析記事のまとめはこちら!

【随時更新】私の企業分析記事・総まとめ

2018.05.13

ツイッターでも呟いています。フォローしてみてください!