2017年10月の取引記録と保有株まとめ

こんにちは。チョーコクです。

10月も相変わらず本業で忙殺しておりましたが、保有株についてはかなり動きが大きかったです。

良い方向に動いてくれればよかったのですが、正直先月はあまりいい結果ではありませんでしたー。日経平均をはじめとした指標は絶好調だっただけに歯がゆい思いです。

ツイッターでフォローさせてもらっている方々を見てみても、最近は日経平均の上昇に比べて個人投資家の方々はそれほど儲けていない印象。

少し前まではイケイケな雰囲気があったんですけどね。

マザーズ指数を見ても最近は上昇傾向なので、個人投資家が好む傾向にある中小型株が必ずしもイマイチってことではなさそうですけどね。

選別が進んで、上昇銘柄と下落銘柄が分かれているのかもしれません。

今回の記事タイトルに10月の取引記録とありますが、11月1日にも取引をしてしまったのでその内容も含めた記録となります。

スポンサーリンク

現在の保有株まとめ

現在の保有株とその保有額順位は以下の通りとなっています。

(カッコ内は前月順位。)

1位( 4位 ) シュッピン(3179) ★追加買い

2位( 1位 ) ゲンキー(2772) ★一部売却

3位( 2位 ) マークラインズ(3901) 取引無し

4位( 3位 ) 日本ライフライン(7575) 取引無し

5位( 5位 ) ベクトル(6058) 取引無し

6位( 6位 ) エスエムエス(2175) 取引無し

7位( 9位 ) アステラス製薬(4503) 取引無し

以下の銘柄は全売却しました。

 FPG(7148) 

 三菱UFJ(8306) 

シュッピンを二度追加購入を仕掛けた一方で、ゲンキーを一部売却利確したため、保有額順位ではシュッピンが最主力となり、ゲンキーは2番手となりました。

三菱UFJは、マイナス金利政策が始まり銀行株が暴落していたときに、3メガバンクの中でも国債をもっとも多く保有しており、マイナス金利による貸金業の利益圧迫以上に国債の評価額上昇による含み益による恩恵が大きいだろうと判断し、購入していました。

しかし、もう十分に上昇しましたし、ここ1年程はずっとボックス相場でうろうろしていたため、すべて売却して現金化しました。

シュッピンを追加購入

10月中にシュッピンを二度追加購入しました。

一度目の購入について。

10月10日。9月の月次売上報告によって、前年同月比40%超の上昇が発表され事業の好調さが見え、株価も窓を開けて上昇し始めました。以前もシュッピンは好調な月次が発表された後に窓を開けながら上昇トレンドを強めていったことはあったため、今回もその上昇トレンドを期待して追加投資判断をしました。

二度目の購入について。

まず10月23日に発表された上半期の業績上方修正の内容が予想通りということで、翌24日に大きく下落に転じていました。その時点で拾おうかとも思ったのですが、そこから数日間下落が続いたため様子見していました。しかし、その後下落の勢いがなくなってきたため追加購入をしました。

24日の下落はシュッピンへの業績期待が高すぎたことによる下落であり、ビジネスモデル自体は何の問題もなく健全だろうと判断し、中長期的には持ち直すと考えことによる購入です。単に大きく下落したから拾うというのは危険です。あくまで強いビジネスモデルがある前提での購入となります。

ゲンキーを一部売却

ずっと私のポートフォリオでは保有額がダントツのトップだったゲンキーですが、半分ほど売却しました。

10月20日に発表された、第1四半期決算内容で利益率の減少がみられたゲンキーは予想通り土日を挟んで23日に大きく下落しました。

決算内容については以下記事参照ください。

ゲンキー(2772)株の第1四半期決算発表を読み込んで今後を占う
こんにちは。チョーコクです。 10/20に私のポートフォリオでも主力である、ゲンキー(2772)の第1四半期決算が発表されました!...

これを受けて、どうしようか迷ったのですが、今回の利益減少の理由が長期的な事業拡大を見越した投資によるものというよりは、単純なコスト増によるものである可能性が高いと考え、将来的な成長期待に陰りが出ることも考えて、保有株の半分を売却してリスクを減らす判断としました。

現在のところ、ゲンキーの株価は少し持ち直してきており、結果的には底で売却してしまった形ですが、まだ油断はできないかなと思ってます。

最後に

10月にはいくつか売却を進めたため現金比率が高くなっています。

これをどこかに追加投資するか、あるいはまったく新しい銘柄に追加投資するか、悩ましいけどこの悩んでる時間もまた楽しいのが株式投資ですよね!

逆に現金が足りなくて身動きとれないときはやることなくて退屈ですからー(笑)

私の愛読書。めちゃくちゃ参考にしています。