『ココナラ』を始めて1ヶ月で12件スキルが売れたので販売戦略を公開します【出品初心者向け】

ゼロから始める「ココナラ」販売戦略 副業

 

ほとんど期待せずに実績ゼロから『ココナラ』のスキル販売を始めて1か月、リピーターもついて順調に販売が伸びています。

今回は、この1か月で行ったことと、私のココナラ販売戦略について書いていきます。

この記事の内容

  • 実績ゼロから『ココナラ』 でのスキル販売を始めたが、思った以上に売れる
  • 『ココナラ』 を使うと、誰でも本業のスキルをお金に変えられる
  • 競合サービスの調査を徹底することで効率的に売上を伸ばせる

期待せずに『ココナラ』を始めたら、1ヶ月で12件売れた

およそ1ヶ月前、『ココナラ』でのスキル販売を開始しました。

私は本業でiOSアプリ開発をしていたので、そのスキルを使ってお金稼げないかなぁ、と思い「ワンコインでアプリ開発の悩みを解決します!」と銘打ち、ココナラでスキルの販売を開始したわけです。

多くの方が考えるように、

「売れてもせいぜい1、2件だろうなー」

と漠然と考えていました。

しかし、蓋を開けてみると、実績ゼロから販売開始して1ヶ月で12件販売し、売上7,000円まで伸ばすことができました!

 

ココナラって何?

ココナラは、知識・スキル・経験を売り買いできるフリーマーケットです。

個人が持っている知識やスキルを販売することでお金稼ぎが可能です。

ジャンルは多岐に渡っており、

  • 画像・デザイン 占い
  • 似顔絵・イラスト
  • 音楽
  • ナレーション
  • 動画・アニメーション
  • 美容・ファッション
  • 文章・キャッチコピー
  • 語学・翻訳
  • プログラミング
  • ホームページ制作
  • ビジネス

など、多岐にわたって様々なスキルを販売可能です。

本業で何かしらのことをプロとしてやっている人であれば、一つや二つはココナラで販売できるスキルを持っている可能性は高いのではないでしょうか?

 

なぜココナラを選んだのか?

ココナラの他にも、自分の持っているスキルを販売できるサービスはたくさんあります。

その中でもココナラを選んだ理由は以下の2点です。

ココナラを選んだ理由

  • サービス利用者が圧倒的に多い
  • 自分の時間が拘束されない

サービス利用者が圧倒的に多い

例えば、似たようなサービスに「タイムチケット」というサービスがあります。

こちらも自分のスキルを販売できるサービスなのですが、サービス利用者がココナラよりもかなり少ないです。

SimilarWebというツールでサイト利用者数を調べてみると、

『ココナラ』の推定月間訪問者数 

 

『タイムチケット』の推定月間訪問者数

圧倒的にココナラの利用者数が多いです。

沢山の利用者がいるということは、それだけ買う人も多いということですから、自分の商品も売れやすいはずです。

自分の時間が拘束されない

ココナラは最低金額500円からスキルの販売ができ、小さな案件でも販売が可能です。

同様にスキルを販売できる「ランサーズ」のようなサービスでは、一つ一つの案件が大きいことが多く、自分の時間が拘束されがちです。

私はあくまで自分のペースでのんびり隙間時間で稼ぎたかったので、あまり高負荷ではなく、通勤時間のような隙間時間で簡単に稼げる仕事がやりたかったので、ココナラでスキル販売をすることにしました。

チョーコク
小さな案件も販売できるのが、ココナラの魅力でもあるんです。

 

売れるココナラ商品出品戦略

チョーコク
ココナラでスキルを売るぞ!

 

と決めてから、無闇にスキルを出品したわけではありません。

次のようなことを考えて出品を行いました。

売れるココナラ商品出品戦略

  1. 販売できる自分のスキルを洗い出す
  2. 競合となる他の出品者よりも低価格で売る
  3. 競合以上に実績とレビューを稼ぐ
  4. 競合と同等かそれ以上に値上げする

基本的な戦略は、

現在競合が高値で売っているサービスを最安値で売り、実績が溜まったら、競合と同等かそれ以上に値上げして単価を上げる。

となります。

販売できる自分のスキルを洗い出す

これまで本業や趣味でやってきたことのなかで、売れそうかな?と思ったスキルを洗い出します。

『ココナラ』のサイトを見てもらうと分かりますが、「こんなスキルも売れるの!?」と言えるくらい、なんでも販売されてます。

ですから、まずはざっくりと売れるかなー、と思えるスキルを一覧化してみます。

私の場合は、

  • アプリ開発プログラミング代行
  • アプリ開発プログラミングのアドバイス
  • Webサービス企画のアドバイス
  • WordPressブログの構築代行
  • 株式投資のアドバイス

とりあえず、こんな感じで考え、その中からニーズがありそうなスキルに絞り、まずは、

  • アプリ開発プログラミングのアドバイス
  • WordPressブログの構築代行

この2つを出品してみることにしました。

競合となる他の出品者よりも低価格で売る

出品するサービスが決まったら、同じようなサービスを出品している競合を調査します。

調査する内容は、

  • 競合の出品価格がいくらか?
  • 競合の実績とレビューがいくつあるか?

です。

ココナラでは、メルカリみたいな目に見える商品の売買と違って目に見えないスキルの売買のため、同じようなサービスでも出品者によって品質が大きく異なります。

ですから、実績とレビューがどれだけあるかが価格と同じく売れやすさに大きく影響をあたえます。

もし、同じようなサービスで実績多数、かつ、安値の出品者がいたら、勝ち目は少ないのでやめておいた方がいいです。

一方、実績が多数ある出品者がいたとしても、価格が高かったら勝ち目はあります。

自分はとにかく低価格で出品して競合に対して優位に立つようにしました。

 

「プロがワンコインでiOSアプリ開発の質問に答えます 【今だけワンコイン】プロが困りごと解決のお手伝いをします!」

のような感じです。

価格さえ安ければ、購入してくれる人確実にいます。

なので、実績が積み上がるまでは儲け度外視で低価格で売りまくります。

一方、もし価格が安いのに全く実績とレビューが積み上がっていない競合が多数いた場合、そのサービスに対してニーズがそもそもない可能性が高いので、こちらも出品は見送った方がいいでしょう。

競合以上に実績とレビューを貯める

ココナラでは価格と同じくらい、スキルを買ってもらうには実績とレビューが重要です。

ですから、低価格にして数を売り、実績とレビューをたくさん作ります。

低価格ですから儲けは少なく大変ですが、実績が溜まるまでの我慢です。

競合と同等かそれ以上に値上げする

実績とレビューが競合の出品者以上に貯まったら、このブランド力を武器に徐々に値上げをして、競合と同程度くらいまで値上げします。

これまでずっと低価格で儲けが少なく我慢の時でしたが、実績とレビューによるブランドを武器にして価格が高くても売れる出品者になることができるはずです。

値上げすることで販売数は減るかもしれませんが、儲けは大きくなる可能性が高いです。

まとめ

1ヶ月前、ココナラを始めたばかりの時にはほとんど売れるとは正直思っていませんでした。

しかし、実際はココナラで出品して1ヶ月が経ち、思った以上にスキル販売で稼ぐことができたので、その戦略についてまとめてみました。

ココナラでのスキル出品は無料で誰でもできます。

まずは「こんなスキル売れるかなー?」というものがあれば、気軽に無料出品してみて本当に稼げるのかどうか試してみることをお勧めします!


ツイッターでも積極発信中。 フォローお願いします!



ブログランキング参加中

チョーコク
ブログランキングに参加しています。
クリック投票が更新のモチベーションです!
ぜひよろしくお願いいたします。

★投票はこちらのアイコンをクリック★
クリック要望

 


おすすめ記事はこちら!

『マイトレード』という無料株取引記録・管理アプリが超便利。評判・安全性・セキュリティを解説!

2018年2月28日

過去の企業分析記事のまとめはこちら!

【随時更新】私の企業分析記事・総まとめ

2018年5月13日