【不動産投資体験記】知識の武装をしないと良い物件なのか悪い物件なのかなんて分からない

知識武装 不動産投資

前回の記事

【不動産投資体験記】賃貸仲介に払う広告費とは何なのか?必要なのか?

2018.12.20

前回、不動産業者Rとの初めての面談で広告費という不動産賃貸業界に存在する慣習を知り、知識が一つついたものの、できるビジネスマン風の担当者の話に納得感がある反面、なにか騙されているのではないかと疑うようになるチョーコク。

実際に物件を見に行ってみよう!

面談の終わり際に、できるビジネスマン担当者が、

不動産業者R担当者「ではせっかくなので、後日改めて物件をご紹介するので、実際に現地に行ってみてみませんか?」

まぁ確かにこうやって机上で説明を受けていても、なかなか全部を理解するのは難しいことです。

仕事も現場で覚える主義の私は、この誘いを断る理由もなく、即答で「ぜひ!」ということで後日実際の物件を見てみることになりました。

不動産のスペックは

  • 横浜市内の京急沿線駅から徒歩数分
  • 木造2階建て築15年程度(うろ覚え)
  • 価格7,000万円程度(うろ覚え)

でした。

私は横浜で育ったので、地元で馴染みがあることもあり、なんとなく良さそうだなというくらいでしたが、まずは見てみようという気持ちが強く、担当者と最寄り駅で待ち合わせをしたあと現地に向かいました。

 

この物件は良い物件なのか?悪い物件なのか?

現地に着き、販売図面を見ながら対象のアパートの外観を見てみます。

まずね、思ったのが、

えーと、これって良い物件なのか?悪い物件なのか?どこ見ればいいんだ?

です(笑)。

図面の間取りも、賃貸の客付けがしやすい間取りなのか?築年数に対して劣化はどうなのか?この周辺相場に比べて価格は妥当なのか?といったことが頭には出てきましたが、それに対する答えを出すだけの知識が私にはまったくありません…。

 

担当者「チョーコクさんどうですか?なかなか悪くない物件だと思いますよー!」

チョーコク「うん、、、そうですね。ちょっと考えてみます。」

 

これしか言えなかった私…。

そして、自宅に帰って落ち着いて考えると、

チョーコク
流石にこの知識だと数千万円の投資は絶対にできない(当たり前)!もっと知識を付けなきゃいかん!

 

と強く感じました。

知識を身に付けるために不動産投資のセミナーに行ってみたりすることも考えたのですが、なんとなく不動産投資セミナーという響きが胡散臭かったので、まずは本を買ってみてみっちり読み込んで知識を身に着けていこうと考えました。

それと並行して、毎日のように「楽待」と「健美家」に出ている収益物件情報のチェックは欠かさないようにしました。

次の記事

【不動産投資体験記】不動産投資本を読み漁って出会ったおすすめ本

2018.12.22

 

\他の記事もチェック!/


ツイッターでも積極発信中。 フォローお願いします!



ブログランキング参加中

チョーコク
ブログランキングに参加しています。
クリック投票が更新のモチベーションです!
ぜひよろしくお願いいたします。

★投票はこちらのアイコンをクリック★
クリック要望

 


おすすめ記事はこちら!

『マイトレード』という無料株取引記録・管理アプリが超便利。評判・安全性・セキュリティを解説!

2018.02.28

過去の企業分析記事のまとめはこちら!

【随時更新】私の企業分析記事・総まとめ

2018.05.13